リバティプリントを上手くファッションに取り入れるコツ

リバティプリントを上手くファッションに取り入れるコツ リバティプリントは、主に自然に関する物、花を中心とした柄の生地やペーパーなどで世界中で知られている模様です。
創設者のリバティが1875年イギリスはロンドンで芸術品や工芸品を取り扱う百貨店を開業し、後年その織物がリバティの代名詞となって今日に至っています。
多くの女性に愛されるリバティプリントですが、簡単に着こなせる反面、コーディネートは意外と難しく感じてしまう柄もあるのも否めません。
カントリーな雰囲気を持つリバティプリントは清楚で可憐な反面、田舎風の着こなしとなってしまう場合もあるのです。
リバティプリントは、大人っぽくも可愛くもなる柄です。ファッションとして上手に取り入れるためには、様々な模様や色味の中から、自分自身の顔色、髪型、目的に応じた雰囲気を生かすプリントを選ぶことが大切です。
全身に使用するワンピースなどでは、羽織物や靴、スカーフなどプリントを目立たせ過ぎずに生かすようなものを選ぶと良いです。
逆に小物に上手く使うならジーンズと合わせても素敵です。選び方と使い方で、どのようにも自然に取り入れることが出来る柄なのです。

リバティプリントを裏地に!アクセントとしても使える!

リバティプリントを裏地に!アクセントとしても使える! さりげなくオシャレな印象をアピールしたいなら、リバティプリントを裏地で使うと良いでしょう。
リバティプリントとは、イギリスのロンドンにあるリバティ社が製作したプリント生地のことで、100年以上の歴史があります。
何十年も前に考案された図案を大切に使いつつ、最新のデザインも次々と発表しています。
ですから、なんとなくレトロでどこか懐かしい雰囲気を感じつつも、斬新な色使いや絵柄があってとても人気です。
花柄が有名ですが、植物や動物をモチーフにした柄も出ています。イギリスらしいデザインなのでこれで洋服や小物を作れば、とてもオシャレに見えます。
しかし、デザインによっては幼く見えたり派手すぎると感じることもあります。そこで、リバティプリントを裏地に使えば目立ちすぎず、いつもの格好でもアクセントになります。
例えば、コートの場合は羽織ったときにチラッと柄が見えます。無地の面が多いコートなら、柄が入ることで全体が引き締まります。
バックの場合は、物を出し入れするたびにチラリと見えて素敵です。裏地なら主張しすぎないので、服のコーディネートの邪魔をせずに使いやすいのも嬉しいポイントです