リバティプリントの花柄以外の模様について

リバティプリントの花柄以外の模様について リバティプリントと言えば生地全面に細かくて繊細な花柄模様といったイメージが一般的に広く知られていますが、花柄以外にも数多くのバラエティーに富んだリバティプリントが存在します。
元々ロンドンの百貨店、リバティ社から発売されたプリント生地のことを指したオリジナルの呼び名でしたが、現在は似たような柄の生地を総称してリバティプリントと呼ぶことがあります。
定番の花柄に加えて、植物や昆虫をモチーフにしたアールヌーボー柄は、さらに複雑に連続性を持たせクラッシックな雰囲気が素敵。
グラフィック柄や幾何学模様などモダンで現代的な印象のプリントやバンダナなどでなじみ深いペイズリー柄などもあります。
ユニークなのが日本限定で発売された柄です。
パッと見気づきませんがよく見ると生地のあちこちにコラボしたキャラクターがプリントされていてとってもキュートです。
タナローンをはじめ生地の種類も様々あり、既成の布製品の他にハンドメイドでの洋服から布雑貨制作に重宝され、数多くの人に利用されています。

リバティプリントの小物をアクセントにしよう

リバティプリントの小物をアクセントにしよう ポーチや巾着などの袋物系の小物、ペンケースやブックカバーといった文具系の小物、ヘアアクセサリーなどの装飾系の小物、身の回りのこういったちょっとしたものが素敵なデザインだと、毎日が楽しくなります。
また、そういった小物にセンスを感じる人は、他の人から見ても、おしゃれな、行き届いた人だという印象を持たれます。
そんなふうに、小物を上手にアクセントに使いたいのであれば、リバティプリントを取り入れることがおすすめです。
リバティプリントは長い伝統の中で磨かれてきた、洗練された美しい柄が特徴です。
しっかりとした存在感を持ちながら、上品さも同時に兼ね備えています。
そんなリバティプリントの小物は、日々の生活にほどよい華やぎをもたらしてくれます。
また、リバティプリントは肌触りも非常にいいので、使っていて心地よいのも魅力です。
もちろん、使っている本人を楽しませてくれるだけでなく、それを目にした他の人にもいい印象を持ってもらえるでしょう。