リバティプリントの花柄

リバティプリントの花柄 リバティプリントとは、リバティ社のプリントする生地のことを言います。
デザインは花柄のものが数多くあり、リバティ風というと「花が全面的にプリントされている柄」とされるほど有名ですが、実際は花柄以外にも多様なデザインを展開しています。
幾何学模様やペイズリーなどもあります。
最も有名な花柄ですが、その中でもデザインは多種多様なものがあります。
大花があしあらわれているボタニカル風のものや、上品な小花をあしらったもの、水彩風のものなど、レトロでありながら現代でも通じる華やかさを持つのがリバティプリントの特徴です。
リバティ社は生地を扱う会社ですが、他社を通じでワンピースなどを購入することが可能です。
生地の数だけアイテムの種類も豊富なので、豊富なラインナップから自分の気に入ったものを選ぶことが出来ます。
生地は薄手のコットン製で扱いやすいので、ハンドメイドの素材としても使いやすいと思われます。
お花をあしらった小物や服が欲しい時にはリバティプリントのものがおすすめです。

なかなか手に入らないリバティプリントの柄

なかなか手に入らないリバティプリントの柄 生地を買って色々な小物などを手作りすることが趣味の人たちの間で、リバティプリントの生地は大変大きな人気を獲得しています。
リバティプリントとは、イギリスのロンドンを中心に活動しているリバティという会社がデザインしたプリントのことで、それを絹のような手触りを誇るコットン生地に施したものがリバティ生地です。
このリバティプリントの歴史は百年を超え、その中で誕生したデザインには色々なタイプがありますが、中でも特に日本で人気が高いのが、お花をモチーフとしたアールヌーヴォーテイストのものです。
そしてこのリバティプリントの柄の中には、期間限定のものやすでに生産が終了したものもたくさんあり、それらは現在ではなかなか手に入らないものとして、熱心な愛好家の間では垂涎の品となっています。
その中でも代表的なものとしては、大きく描かれたバラが優雅な魅力を放っているカーライン、イギリスの高名な画家が描いた静物画をモチーフとしたアビー・プールなどがあります。